So-net無料ブログ作成

荒木道薫 [茶人]

利休十哲に入る「荒木道薫」

本来の名は「荒木村重」………信長の野望でも、”へうげもの”でも登場する戦国期の武将ですが

織田信長に謀反して、後に豊臣秀吉に許されて御伽衆になると言う人生を歩んだ
なかなかに、奇奇怪怪な人物……?

そもそも、織田信長に謀反をする人物としてクローズアップされる事が多いですが…
ま、謀反出来るくらいな、それなりの武将であったと言う、一応の評価(?)をしてみたい部分です。

この際に、「村重」本人は逐電……毛利領の尾道で隠遁生活に入ります。

隠遁中に「道糞」…(どうくん)と称しますが…それは、妻子を捨ててまで遁走した我が身を嘲っての雅号ですが……
しかし、考えようによっては、謀反を起こしたり…妻子を捨ててまで…等の事をやってのけた人間が、自らを「道ばたの(犬)の糞」と言う事には、やや矛盾?もあるような気がします。

まあ、もちろん、人間なぞ、矛盾に満ちた存在と言う事を考えれば、そんな細かい事はどうでもよいのでしょう。

その後、「村重」は、豊臣秀吉に赦されて「道薫」と名乗ります。

「糞」→「薫」と同じ「クン」詠みでの「薫」と変えさえた秀吉にも頭が下がりますが、そこに茶人としての秀吉と荒木村重とを結ぶ何かを感じます。

その後、「村重」は、かっての部下の高山右近を巡る秀吉とのやりとりで、御伽衆を外され、失意の内に亡くなります。

信長の野望の「家宝」では、おなじみの「荒木高麗(あらきこうらい)」と「兵庫(ひょうご)」
「兵庫の壺」は、小説にまでなっておりますが……

なかなかに、一筋縄ではいかないが…しかし、何か魅力を備えた人物と言う事になるのでしょうね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。