So-net無料ブログ作成

七官青磁 [茶器]

「青磁」と聞けば……”馬蝗絆”と言う位に、青磁の位置づけは高いものがありますが……

単に、「青磁」と言っても、なかなかに区別が難しい部分ですが…

日本においては、特に「七官青磁」が珍重されている(?)と言う事もあり……

「七官青磁」って……なんですか? (・▽・) みたいな(w

日本において、重要な「青磁」の分類としては…「砧青磁」「天竜寺青磁」「七官青磁」と都合三種類。
(※ 但し、最近では、この分類を始め……色々と相対的な部分も)

【砧青磁】:南宋
【天竜寺青磁】:元初~明初
【七官青磁】:明末

と言う時代区分であります。

つまり、「七官青磁」と言うのは、明朝が衰退に向かっている時代の「青磁」と言う事になる訳です♪

「青磁」の出来不出来と言う事で言えば…「南宋期」の「砧青磁」の方が完成度が高いのですが…
(※ もっと細かい事を言えば…かの風流天子 徽宗 の時の汝官窯のモノの方が良い)

日本で「茶の湯」「茶道」が確立して行ったのが「明朝」の後半~「清朝」の初期と言う事になるので
時代的に「七官青磁」がもてはやされると言う事にもなった訳です(「呂宋壺」と同じ考え方ですね)

また……これも、不思議な部分ですが…何故か、「官窯」のモノでは無く、「民窯」のモノである「龍泉窯」のモノが好まれていた…?と言う不思議 (・▽・)?

これは、「官窯」のモノが入手しづらかったと言う事もあって…(多分に、官窯の物は明朝の宮中ないし、勘合貿易で入手と言う経路だったかと思いますが…その頃には、勘合貿易も途絶えがち…と言う事情も)
「民窯」の「龍泉窯」のモノが入手しやすかったと言う事になるのかと思います。

と言う事で…?

日本の「茶道具」としては「七官青磁」が、一番…「侘び」…?に向いていた……
と言う事になるのか、と。

※ 「王朝の茶」と言う事では…「砧青磁」と言う事になるのだと思いますが (・▽・)/
( 東山文化の影響を受けた「足利将軍家」「大内氏」等が”青磁○○”と言うモノを保持しているのも、当然にその流れと言う事かと…)




タグ:七官青磁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。