So-net無料ブログ作成
検索選択

菓子切りとお菓子の微妙な関係? [茶道具]

良くテレビその他の映像などを見ていると、お茶を頂く際に(「抹茶」ね!この場合はw)
菓子切り」を使っている映像が”圧倒的”なモノとして目に入ってくる………

が……!?

どうも、”表千家”の流儀としては「菓子きり」を使わない……と言うのが、どうも”定番”の様である……

と言う事は、実際にこうして「お茶」を始めて教わった事の一つである。

その理由(?)と言うべきか…深意は不明なのだが……

どうも…「男らしく食べる」と言う事が根底に流れている…と言う事がある”らしい”

まあ、この辺は”色々な意味で物議を醸す”ところでもあると思うのだが……(;一_一)

「男らしさ」とか「女らしさ」等と言う問題では無く……

”果たして…水羊羹とか……も…手で食べるのですか?????”的な、実際上の問題である。

個人的に「和菓子」や「懐石」と言ったモノへの興味が「お茶」へ惹きたてられている一つの原動力なのだが…

カステラ」や「金平糖」等は、手づかみ(まぁ、そんな下品な事はしなくてもなのですが w)で食べれるが…

「水羊羹」「錦玉羹」(金魚とか泳いであるモノですな♪)「初かつお」等は………どうすれば…?

と言う悩みも……

まあ、一時のネバネバと言うかザラザラなので、懐紙で拭くと言う事で解決の付く問題ではあるのですが…

何とも? 微妙な問題ではある訳です(w

裏返して言えば…( ^^) _旦~~

亭主の心意気として”手が汚れるお菓子”は出さない…と言う事なんだと思いますが。

とりあえず…わが師は「お菓子は手で」が基本線なので、弟子としては踏襲をすると言うまででありまする。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。