So-net無料ブログ作成

安土城での献立 part1 [懐石料理]

織田信長が徳川家康を安土城でもてなしたとされる…1582年5月15日の献立…

全部で、「5つの膳」と「お菓子膳」の6つの構成であり…今の「懐石」とは違って、「本膳料理」の色合いを濃くしたモノと言える。

【1の膳】

①:金高立入 蛸(湯引きのタコ):金色の容器で足が付いているモノ
②:鯛の焼き物
③:菜汁 (野菜の味噌汁)
④:膾
⑤:高立入 香の物(大根の味噌漬)
⑥:鮒寿司
⑦:ご飯 

【2の膳】

①:絵付け金の桶入 うるか(鮎の内臓の塩辛)
②:高立入 宇治丸(鰻の丸蒲焼き)
③:ほや冷や汁
④:太煮(干ナマコに芋を入れて味噌煮にしたモノ)
⑤:絵を描いた金色の輪に乗せた貝鮑
⑥:高立入 はも(照焼き)
⑦:鯉汁(鯉こく)

【3の膳】

①:焼き鳥(鶉の姿焼き、当時は雲雀(ひばり)を使用)
②:山の芋鶴汁(鶴とろ汁味噌仕立て)
③:がざみ(ワタリガニの一種)
④:辛螺(にしがいの壷煎、巻貝の一種で「にし」と読む)
⑤:鱸汁

【4の膳】

①:高立入 巻するめ  
②:鮒汁
③:高立入 椎茸 
④:色絵皿入 鴫壷(鴫(しぎ)の壷焼き、なすの田楽)

【5の膳】

①:まな鰹刺身
②:生姜酢
③:鴨汁(鴨の味噌仕立て)
④:けずり昆布
⑤:土器入りの牛蒡

【菓子】(足付きの縁高)

①:から花(造花)
②:美濃柿(干し柿)
③:豆飴
④:胡桃
⑤:花昆布
⑥:求肥餅(羽二重餅)

と言う豪華なラインナップ……

これは、「続群書類従」に記載されており、昭和62年6月には「フェスタ信長’87」として安土で実際に復元がされました……\(◎o◎)/!







タグ:続群書類従
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。