So-net無料ブログ作成
検索選択

松浦鎮信 [茶人]

平戸の大名…「松浦鎮信」(まつら しげのぶ)

平戸・長崎の戦国大名の名前を受け継いだ4代目の藩主。

日本史の方としては…「島原の乱」や「オランダ商館」との兼ね合いが有名になりますが…

我々の様な庶民の楽しみとしては…「忠臣蔵」や「茶道の鎮信流(ちんしんりゅう)」と言うところでしょうか (・▽・)

テレビドラマ等で有名な「忠臣蔵」の討ち入りの際、吉良上野介の屋敷の隣に住んでいると言う設定になっているのが、この「松浦 鎮信」と……
(※ 他は、御家人の「土屋主税」のどちらかのバリエーション)

その討ち入りの際に、大高源吾の師匠である宝井箕角が松浦鎮信の屋敷にも出入りしており…赤穂浪人である大高源吾とのやりとりで「松浦鎮信から拝領した羽織」を大高源吾にあげてしまった事…その時に、有名な「あした待たるるこの宝船」と言う返歌をした事が…

その際に、宝井箕角から返歌を聞いた松浦候が赤穂浪士の討ち入りを返歌から推測すると言う件と……討ち入りの際に、同じ山鹿素行の門下であった浅野長矩へのシンパシーを募らせてか……赤穂浪士の見方をする?と言う事が出てきます
(※ 所謂…「松浦の太鼓」と言う歌舞伎ですね (●^o^●))

と言う感じや…映像からすれば…大変に無骨なイメージを持ってしまう所ですが……

石州流の免許皆伝を受け…新しく「鎮信流」と言う一派をも開いています。
(そう言う点では…井伊直弼にも似ている感がw)

「オランダ」との交流…かたや山鹿素行などとの交流…など巾の広い視点を持った…「松歌鎮信」……そのバランスの妙に興味を覚える所ではありますね☆

タグ:松浦の太鼓
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。