So-net無料ブログ作成
検索選択

”たぎる心” [利休にまつわる話]

「茶の湯」の心映えの一つとして……重要なモノの一つとして「たぎる心」と言うモノを挙げる事が出来るだろう。

”利休はぬるい心を嫌った”……とある。

この表現だけを聞くと…非常にドッキリとする部分でもあるが…

”ぬるい”…要するに、いい加減であったり…マンネリと言う事であろう…

お茶をやっている期間が長くなってくると…当初は不安だった手順にも慣れ…

また失敗した時の、しまった感や…くやしさ…と言った感情も薄らいでくる…

しかし…それを常に持ち続けていくならば…点前を常に緊張している事になり…それもどうかと思う部分だろう。

要は…点前が出来るようになったら…次に何を考えるべきなのか?

今日を演出してくれた人は、何を考えてくれたのか…?

お菓子」「しつらえ」「花」……等々

つまらない日常の事であっても…そこには、それを出した人の作意が横たわっている。

それを”汲み取る”と言う事に至って…初めて…”茶の湯の入り口”に立つのであり…

そこからが…絶え間ない…それこそ終わること無き登山の始まりなのだろう。

”たぎる心”の一面としては…その様なエネルギーとしての心構えを示唆しているのだろう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。