So-net無料ブログ作成

”若鮎” [懐石料理]

”若鮎”とは言っても…”茶菓子”の若鮎ではなくて”懐石”の方の”若鮎”である。

この初夏の若鮎の”美味しさ”と言うか…初々しさは、また格別のモノがある。

川魚特有の水の匂いを持つ鮎の味は、淡白ではあるが、自然の味を感じさせてくれるのに充分であろう。

しかし…鮎は、その淡白な味とは裏腹に川を上ってくる力強い魚でもある。

「年魚」「川魚」「遡上」「上品な」……と言う様々な背景を持つからこその”懐石”の一品に加わる”魚”と言う事になるのだろう。

そこは、まさに“旬”と言う言葉で表すのが適当な魚と言う事でもある。

そう言えば……”鮎”と言えば…こんな話もある。

室町幕府の管領であった「細川勝元」が”鮎”に関しては相当にうるさくて、どこの“川”で採れた魚か…と言う事を当てたと言う。

細川勝元の繊細さが窺われるエピソードでもあるが、単純に食べるだけではなくて、その他の”趣好”を楽しむと言う点でも、文化的な水準の高さを感じる所だろう。

まぁ……何かを食べて、あーだこーだの“グルメ自慢”になっては、それこその”興”がそがれる訳なので、そこは、それこその間合いが求められるのだろうが。

いずれにしても、季節の風物詩である”鮎”を楽しむ…と言う事が先ずは第一でありましょうか(w

タグ:若鮎
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。