So-net無料ブログ作成
検索選択

利休の創意 [利休にまつわる話]

利休の創意として挙げられるモノの一つに「棗」があるだろうか…?

今の黒ベースに傾いて行く契機にもなったのだろうが…

その”黒さ”と言うものを考えると、果たして、今とは違って電気が無い時代での茶室で、どの様に見えるのだろうか…?と言う事が気になる部分ではある。

今の現代人とは違って…もっと目も良かっただろうし…遠目も利いたであろうが…茶室の薄い障子を通してしか入らない「光」の中での「棗」の動きは、なかなか想像が難しい。

ある意味…? 金での蒔絵や沈金をしたりすると言う事であれば、それが光を反射して「棗」を浮き彫りにするのは分かるのだが…全くの「黒」である場合には光の反射を考えるのは難しい。

そう言う意味で…「棗」には、利休の作意を感じる…訳なのだが…

果たして…それは何だろうか…?と考えると…やはり「集中力を高める」と言う部分+「黒は没入するカラーリング」と言う事を掛け合わせているのではないか…?と思う部分ではある。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。