So-net無料ブログ作成
検索選択

数江教一(瓢鯰子)part2 [数寄者]

戦後の日本の茶の湯において、一種独特の地位を占める“数江教一”と言う人物。

その行動力の及ぶところ…「自ら釜を作る」「自ら作陶をする」「自ら茶室を作る」「自ら茶菓子を作る」「自ら懐石を作る」………とほぼ、全ての分野において”自ら”と言う事を貫徹し得た稀有な人物とも言えるだろう。

それは「亭主」と「客」との交わりにおける一期一会に由来する”直心の交わり”と言う事にもなるのだと思うが……

さて……翻って考えてみるに…(--〆)

”自ら”と言う事を貫徹していくと言う事が、今の日本人においてかなり難しい…

それは…「釜を作る」とか「作陶」であるとか…の技巧的な難しさ云々と言う事ではなくて…

”作る”と言う事の前提をなす「感じる」とか「掴みとる」と言う能力の函養と言う部分について…????が灯るからである。

これをお読みになっている方には、無縁の事ではあるかと思うのだが…

例えば…今の小学生の調理実習などにおいて「保護者同伴」で行う場合がある……

などと言う事を聞くならば…今後の茶の湯や茶道を担っていく”若手”に対して影響が無いとは言えないのではないだろうか?


とりあえず…(表千家においては)釜の蓋を自分の手で取る訳で…そんな”危ない事”云々…となりかねない契機を含んでいる…と言う事にもなる。

”自ら”と言う言葉に含まれる重みは、そこに自分の労作によると言う意味合いを多分に含むものであり…だからこその「馳走(御馳走)」である…と言う”一つの原点”に辿りつく事が出来るのであろうか?……

と多少の憂いを想いつつ…「数江教一」の本を観るのである。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。