So-net無料ブログ作成
検索選択

一期一会の難しさ [茶会]

茶の湯・茶道と言えば…「一期一会」が思いつくように…大分、人口に膾炙した言葉であるが…

しかし、その言葉通りの「一期一会」を出来るか?と言えば……かの井伊直弼も、きっとお嘆きであろうか…と言う位、難しいものだと思う。

それは、茶の湯・茶道が独りで飲むと言うものでは無く…主人であれ…亭主であれ…相手がいて初めて成り立つ部分が大きいからである…と言う事によるだろう。

その相対性と言うべきか…相互性と言う部分で…主人と客との間で温度差があると、「一期一会」には繋がらない…と言う事だろう…

そう言う意味で、利休が「たぎる心」を重視しているのも分かる部分である。

とは言え……名言である「炭は湯の沸くように」…と言う言葉が示すように…

「客人」の満足と言う部分では、「一定の目的」をも持っていると言う訳であるから

実は、亭主よりも「客」たる人間も相当に心しないと「一期一会」的なモノには練りあがっていかない……と言う事も容易に想像ができるところである。

遥か、安土桃山の時代……”茶”でもてなしを受けると言う意味合いは、今とはもっと、価値観を異にするものであっただろう。

だからこそ、成り立つ「一期一会」とも言えるのかも知れないが……

今日においても、参加する側の緊張感・高揚感と言うものは大切にしたい…と思うのである。

光悦会 [茶会]

東の”大師会”

名前の通り「本阿弥光悦」に因んでの茶会ですが……

東の大師会で音頭を取った「益田鈍翁」が、ここでも設立に重要な役割を果たしています。

例年11月の11日~13日前後に開催されますが、それは、正に「口切りの季節」に合わせて行われるモノでもあり、”数寄者の茶会”の「正月」でもある訳です。
(※ 「口切り」を「茶人の正月」とも言う)

その部分に、京都で行われる”光悦会”の独特の位置を窺う事も出来る訳です。
(「大師会」は春先の4月に行われる)

勿論、「大寄せの茶会」の横綱であり、名物・名器を観賞する(勉強する・堪能する)と言う意味合いも含めての茶会でありますが……

この光悦会も、大師会と同様に、「東京美術倶楽部」「京都美術倶楽部」「大阪美術倶楽部」「名古屋美術倶楽部」「金沢美術倶楽部」の協力で行われています。

タグ:光悦会

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。