So-net無料ブログ作成
検索選択

利休梅 [茶花]

この時期の”茶花”として、ピンと浮かぶ物の一つとして”利休梅(りきゅうばい)”が上げられるだろか?

”梅”の白さが可憐とでも表現したい所だが……どちらかと言えば”リンゴの花”の様な感じもする堂々とした感じが、また”利休”と言う表現と相俟って特徴的な感じがする。

まぁ…意外な所では”利休梅”……明治期に中国から入ってきた、まだまだ日本ではヒヨッコの花でもある訳です。

では…”何故に利休梅?”と言うかと言えば……利休忌の頃から咲き出すから…と言う事にちなんでですね。

ハイ…(^◇^)
タグ:利休梅

茶花の難しさ [茶花]

色々と難しいのが「茶の湯」「茶道」の醍醐味であり……難点でもあるのだが…

この「茶花」は、お点前であるとか…知識・教養と言う点とも違っての難しさがある。

強いて(?)言うなれば……やはり「茶菓子」や「懐石料理」に匹敵する難しさと言う事になるだろうか……

「お点前」そのものは、その「場」に居るモノとの間合いを計る事が、”まだ許されている”とも言える訳だが……

これらの「茶菓子」「懐石料理」「茶花」(そして、一番は「茶庭」になるのでしょうが…)
に関しては、客人の目の前で作ると言う作用が難しい物であろう。
勿論、「懐石料理」などは、茶室の状況を考えて「ご飯の蒸らし加減」を調節しながらの事もある程度は可能なのだと思うが……これも、また時間・時間を見極めての勝負となる事は容易な事ではないだろう。

「茶菓子」も「懐石」も、人の口に入る…と言う点で、「味覚」や「塩梅」と言う事が、ある意味作用が出来る(プラスに働く)事が出来るのに対して…

「茶花」に関しては、「口」に入る訳では無い分、「味覚」と言うサポートの支えが無い分、より難しいものと考える事も出来るだろう。

”その会の主題”を表象する一つのシンボルとしての「花」の具合は、その時、その時で大分、違ってくるのだが……それを巧く合わせながら、「主題」に合わせた状態に持っていく……と言う事が出来れば、それは最高であろう。

利休と秀吉の朝顔の故事ではないが……「一つを残してカットし」「その一つを瑞々しいまでに輝かせる事」と言うのは、なかなかな事ではあると思う。

そう言う意味で…何度も取り上げて恐縮なのだが”ギャラリーフェイク”の藤田玲司の「縄文土器と向日葵」と言う組み合わせの妙に”賀茂水仙”ならずとも……一つの唸りを上げてみたいと想うのである。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。